自己紹介 爪飾画廊 創作心得 日々徒然 撮影秘話
2007/01/01 Monday
あけましておめでとうございます

新年あけましておめでとうございます。今年も皆様にとってよい年でありますように。

それにしてもあっという間の2006年でした。前回の更新から、いろいろとUPしたい出来事はあったのですが、年が明けたので断念しました。 31日午後にお仕事が終わり、家の私室をお掃除し、夜9時に弟と妹とで車で出発です。

東京からわれらが故郷の福井県に帰るには、中央高速道路を通り、名神高速道路から北陸自動車道に入ります。弟の運転で、休憩も含めて5時間の道のりです。ぺーパードライバーでまるで役に立たない私と妹は、5時間の道のりの中で唯一の運転者の弟が眠らないように、傍で騒いだりパンを食べさせりしています。(交代で運転するはずのもう1人の弟は一足先に帰郷)養老パーキングエリアで休憩を取った後(きしめんを食べるとよろしい)、いよいよ米原ジャンクション(滋賀県)が見えてきました。北陸道はここで名神と枝分かれして伸びています。さて、中央、名神が「高速道路」というのに対して、北陸は「自動車道」です。なぜでしょう。運転が難しい山岳道路が多く(冬は雪も降るし道は凍るし)、最高速度が80舛僕泙┐蕕譴討い襪里如⊆動車道だそうです。

懐かしい、山間の北陸道に入りました。田舎を貫くこの道はいつ来ても閑散としています。前にも後ろにも対向車線にも車がありません。そして道は氷点下の気温で凍っています。霧も出ています。東京の道を運転する度胸は私にはありませんが、いくら車がないからって冬の北陸道を運転するのも嫌です。案の定、霧で案内板すら見えないほどの視界の悪さ。しかしここまで来れば、後1時間です。

家についたのは新年明けて2時間後。弟よ、お疲れ様でした。ただいま私は実に4年ぶりに兄弟全員でお正月を実家で過ごしています。

・・・・新年とっくに過ぎていますが、ノートパソコンの中から、どうやら家族で芦原温泉に行ったときに書いたらしい日記を発見。一応UPしてみます。ちなみに、1日の02:00amに実家に着き、1日の夕方から芦原温泉に行き、2日に実家に帰ってきて、2日の夕方には実家から東京に発ちました。郷愁も何もあったものではありません・・・。