自己紹介 爪飾画廊 創作心得 日々徒然 撮影秘話
2008/06/20 Friday
台湾に行ってまいりました。
台湾のホテルにてくつろぐ枕ののんちゃん。


本当はそのちょっと前、6月5日から10日の朝まで大阪にいたので、そのときに更新しようと思いましたが、なんだかあっという間に大阪の出張も台湾の出張も終わってしまいました。
海外出張は今のところ1ヶ月に1回くらい。
出張は国内外問わず、大好き。空港の雰囲気も、飛行機に乗るのも、お気に入りのスーツケースのRIMOWA(今回連れて行ったのは大きいほうのキャサリン)を持ち歩くのも大好きです。

出張が多いと、毎回1からの準備は大変。なので、日ごろから出張用の小物バッグを点検して、すぐにスーツケースに放り込めるようにしておきます。こんな話をしていたら、いつか日記に書いてくださいと言っていただいたので、今回は「旅の持ち物編」で。

|紊襪發痢A3サイズのメッシュバッグに収納)
毎回どんな長い出張でも、持っていくものは「黒のパンツ×2枚」「黒のシャツ×3枚」「制服×2枚」までです。着たらホテルのランドリーに回します。靴下なんかは日数分持って行きます。冬は黒のロングコート、春〜秋は膝下までのロングベストを持っていきます。ロングベストは絣や絹地で出来ていて、軽くて動きやすい上に、サイズが大きいので飛行機や新幹線の中で寒いときにも役に立ってくれます。出張先の大半の時間をしめる仕事中には、小さく折りたたんでも洗っても皺にならない制服を着ていればいいのでとても楽。

電子機器類(PCは手荷物、その他はB5サイズの黒い巾着に収納してスーツケース)
VAIOのB5サイズのノート、デジカメ(充電器とUSB付)、携帯(905iになって大変楽)は言うに及ばずですが、メモリスティック念のため2個、携帯充電器はUSBと海外対応のもの2個、マルチプラグ(組み立てればどんな形のコンセントにもフィットするスグレモノ)、ヘッドホン(ノートでDVD鑑賞するから)を持っていきます。このあたりはいつも一つの巾着にまとめてあります。何故、携帯の充電器を2つも持っているのかというと、今まで1人ずつ出張に付いてきたスタッフが充電器を忘れたり、国内使用(100V)の充電器をそのまま220Vの地域で使って携帯が動かなくなったりしたのを見たから。誰か忘れるものは誰かが持っていけばいいかなと。(そう言っても自分も忘れ物だらけ)

5澣淅◆憤娚阿箸燭さん入る小さなポーチに収納)
オレンジの小さなバッグにいつも入っている田賀専用の救急グッズは会社でも普通に使いますが、出張の時にはそのまま手荷物に放り込みます。病気は滅多にしないけれど、スタッフいわく「普通に歩いていても転ぶ」ほど怪我が多いワタクシ。絆創膏10枚、大きめのガーゼのワンタッチパッド、手首用と足首用のサポーター1個ずつ、衝撃吸収用のシリコン板1個、湿布2,3枚、オロナイン軟膏1個、目薬2種類、ウェットティッシュ2パック(手を拭いたり、トイレ拭いたり)、安全ピン3つ、綿棒10本、のどあめ5個、滅多に使わないけれど痛み止め4回分、胃腸薬4回分、風邪薬2回分、ソーイングセット1個(黒糸は毎回しっかり補充)、その他ブレスケア2個とデオドラント、あぶらとり紙などが入っています。何かきれたらすぐに補充するので、急な出張がきても大丈夫。

げ従冑福ANAショップで買ったバッグに基礎化粧品、ハワイアンキルトのポーチにその他を収納)
化粧しない女で何かメリットがあるのかといえば、揃えるものが少ないということくらい。基礎化粧品はそのときによって、溜まった試供品(もらうと化粧水、乳液、美容液などそれぞれ袋に分けてとっておく)を持っていって使ったり、小さな容器にそのとき使っているものを詰め替えたりして持っていきます。飛行機にのる時間が5時間以上のときは、ジップロックに化粧水とか美容液とかをしみこませたコットンを入れて持っていきます(最近は機内の液体類の持込が厳しくなりましたが、これなら大丈夫)。明かりが消えてから、顔をかるく撫でて水分補給します。乾燥が酷いときには肌にぽんぽんのせてしばらくおいても良いかも。シャンプーとコンディショナーはBODY SHOPの蜂蜜から出来たシリーズを詰め替えて持っていきます。これを使うと髪の毛がしんなり柔らかくなるのでお気に入り。ドライヤーはあれば使う程度。あとは歯ブラシ、ヘアブラシ、ボディスポンジ(なるべくホテルのアメニティは使わないようにしてる・・・一応のエコ意識のつもり)。普通に日焼け止めとかファンデーションとかリップクリームとか。コンタクトレンズは日数分+2日分を持っていきます。

ド記用具・・・万年質、ボールペン、シャーペン、マッキー、蛍光ペンをそれぞれ1本ずつ。ただし、万年筆とシャーペン以外は忘れがち。

δ泙瞭散顱ΑΑΔ修里箸のお仕事によって何を持っていくかは違いますが、スーツケースの4分の3は仕事道具とか書類が占めています。一番重いのもこれ。特にUVランプなんかは流石に嵩張ります。

Г泙ら・・・飛行機の中では欠かせない黄色いミニ枕の「のんちゃん」がお供します。今回はお風呂に入っています。

┘丱奪亜ΑΑΔ気に入りのRIMOWAのスーツケースのほかには、いつも会社で使っているビジネスバックを手荷物として持っていきます。PCもこの中に入ります。

その他・・・透明のジップロック、空のちびポーチ1個(日本円を財布から出しておくのに使う)、眼鏡、見たいDVDなどなど。

きょうび、足りなかったらすぐに空港でも海外で買えるので、いちいち詳しくチェックしているわけではありませんが、でも出すごみはなるべく少なく、そして帰ってからもなるべくすぐに後片付けが出来るように、ということにはなんとなく気をつけるようにしています。
さて、もし時間があったら、次回はアジアのご飯をご紹介しましょう!


バスでご機嫌ののんちゃん。

寝てしまいました。