自己紹介 爪飾画廊 創作心得 日々徒然 撮影秘話
2008/11/22 Saturday
七福神の呪い

さてさて、NAILEXPO2009も無事終了しました。
一つ前の徒然でご紹介した、初日にネイティフル部門で優勝した清水先生は、2日目でメンズネイルケア部門にも優勝されました。おめでとうございます〜!

今回クラスルームでは初日にクリスマスネイル、2日目にはお正月ネイルを行いました。クリスマスネイルは天使、サンタ、クロスと星、お正月は七福神、龍と丑年アートです。

七福神はアカデミーのマネージャーが何気なく言った一言で決定したモチーフです。今回は副校長の浅野さんがモデル。爪が大きくてリッパ。なのできっとCalgelフラットアートの早業を持ってすれば7人くらい爪に入るに違いない!と思い、まずはエキスポ前に挑戦。しかし!入るのが顔や頭巾や髪だけならともかく、七福神は全員が縁起物のオプションつきだったのを忘れとった・・・。
商売繁盛の恵比寿天は、たいてい釣り道具と鯛と一緒。今回は鯛のみでいくことに。豊作、金運の大黒天は打ち出の小槌か小判。学問と芸術の神様の弁財天は琵琶、勝負の神様の毘沙門天は1人だけ鎧をフル装備。開運、子宝の布袋様はその名のとおり大きな袋を(和製サンタクロース?)、もはやエイリアンに近づいている福禄寿は長寿の神様らしく鶴とセット、同じく、長寿と幸福の神様の寿老人は桃を持っています。
なので、7人+7アイテム+を一気にジェルで作ることに。これはエキスポ前の練習の時には上手くいきましたが、本番でしくじっては元も子もないので、当日クラスルームでは顔、頭巾、髪(弁天様のみ)と、オプションはジェル層をわけて硬化することにしました。


そして悲劇は起こりました。

ジェルを硬化させた後、墨汁で輪郭を描いていくのですが、つい、うっかり墨汁のボトルを持つ手が滑り・・・・。

宙に踊る墨汁ボトル。
舞散る墨汁。
瞬く間に漆黒の沼と化した床・・・・。

何年も墨汁を使ってきていますが、ボトルごとひっくり返したのは初めてです。しかもよりによってクラスルームでとは。後で分かったのですが、観客はモニターしか見ていなかったので、ほとんど分からなかったとのこと。墨汁ボトルもアシスタントのMさんがさっと拾ったお陰で少し中身が残りました。そして、めでたく七福神ネイルも完成しました。
しかしMさんの腕にも、私の鞄にも、出来たばかりのピカピカのサポーターにも結構な量の墨汁の雨が降り注ぎ、床のしみはなかなか落ちず・・・。私はサポーターについた墨汁を早く落とさなければと猛ダッシュでトイレに消えて行ったのですが(だってこれ寝るときにも手首につけるから、墨汁臭いのはイヤダ・・・)、あの後すぐに別のクラスルームがあって、その後はどうやってきれいにしたのやら。・・・ビッグサイトの清掃員の皆様、本当にごめんなさい。

それにしても、開運ネイルを頑張って描いたわりには、描いている最中から不運に見舞われてます。もしかして罰当たりとか思われたかなぁ・・・・・。